歯ぎしり、噛みしめによる痛みの治療

虫歯以外の原因が痛みを引き起こす?

歯ぎしり、噛みしめによる痛みの治療

“その歯の痛み、本当に虫歯でしょうか? もしくは、知覚過敏などのしみる症状で、歯の磨きすぎと言われたことはありませんか?”

歯の痛みを訴えられる方の中で、虫歯が見当たらない、もしくは虫歯でも軽度のもので痛みを引き起こしているとは考えにくいというケースが多々あります。

くさび欠損とは?

一般的に歯の痛みを感じると虫歯を疑うのが普通ですが、痛みを引き起こす原因はもう一つあります。それは「力」です。 この場合の力とは、睡眠時の無意識な歯ぎしり、噛みしめのこと。歯に極端に強い力が働くことで、歯の根元がくさびのようにえぐれてしまったり、ひび割れてしまうことがあります。

それにより生じる痛みは沁みる程度からはじまり、徐々に虫歯を疑うほどの痛みへと変わっていきます。

くさび欠損とは?

歯にひびが入ると、抜歯せざるを得なくなります

こうして歯ぎしりが原因で歯にひびが入ってしまうと、程度によって抜歯せざるを得なくなります。インプラントや入れ歯、ブリッジなどの治療方法はありますが、どれも一長一短あり、もちろん天然の歯には及びません。

歯ぎしりは無自覚にしてしまう??

このような話をすると、私は歯ぎしりなんてしていませんとおっしゃる患者様が大半です。 それもそのはず、90%以上の人が歯ぎしりや噛みしめを行っていると言われていますが、自覚されている方はほとんどいません。

歯ぎしりは寝ている間に起こりますし、音もしないことが多いので家族も気づきません。 食いしばりはどうでしょう。同じく、意外と思いっきり噛みしめても音はならないものです。

しかも、歯ぎしりは現時点では治療などで止めることが難しいと言われています。 そもそも歯ぎしり自体はストレスを緩和、発散させている部分があるため、歯ぎしり自体を止めるというよりは、なるべくストレスを減らすことが必要です。

加えて、ストレスがかかっても、いかに歯を歯ぎしりの負担から守るかを考えることが大切だと考えています。

はぎしり_ギリギリ はぎしり_ギュッ はぎしり_カチカチ

マウスピースで噛みしめから歯を守る

そこで当院がおすすめしているのが睡眠時にマウスピースを着用することです。マウスピースは、1mmの薄いプラスチック素材のプレートで、患者様に合わせてオーダーメイドで作成します。

歯と歯の間にマウスピースというクッションを挟むことで、歯にかかる「力」を減らし、負担を軽減することができます。その結果、歯の痛みを解消することができるのです。

マウスピースについて

マウスピース
  • 保険適用のため、費用は3,000円ほどです。交換の目安は一年ほどになります。
  • お手入れはさっと水洗いするだけで簡単です
  • お手入れの際は歯磨き粉やお湯は使わないでください
  • お渡しまでは1週間ほどかかります
  • 違和感があって眠れなくなってしまうような場合には、削るなどの調整をします。お気軽にご相談ください。

痛みの本当の原因を見極めます

患者様の辛い痛みを解決するには、痛みを引き起こす原因を正確に判断することが欠かせません。 本当の原因は歯ぎしりにあるのに軽度な虫歯治療に時間を注いでも痛みは一向に解決できないからです。

当院では痛みの原因を冷静に診断し、的確な治療を行うことを常に意識しています。歯の痛みが辛い方、虫歯治療を行ったのに痛みが取れない方、または痛みがあるのに他の医院で「むし歯はないけれど磨き過ぎが原因」と言われた方、ぜひ一度ご相談ください。
 
半円
集中線

予防歯科治療で
症状の再発しない
健康なお口を目指しましょう

お気軽にご予約・お問い合わせください。

047-321-4553

24時間WEB予約はこちら
ページトップへ