小児矯正

子どもの矯正

子どもの矯正とは

私自身、3人の子どもがいるため、小児矯正にはより強い想いをもって治療にあたっています。 たくさんのお子さんと接して感じることは、歯並び、骨格を整えることはお子さんが健やかに成長するためにとても重要な要素であるということです。

歯並びが悪いと歯磨きがしづらいために、虫歯や歯周病の可能性を非常に高めてしまいます。 それだけでなく、骨格が正常に発育していないと、呼吸や全身の骨格のバランスの乱れにつながります。

もう一つ感じることは、「できるだけ早い段階でご相談してほしい」ということです。 小児矯正の一つである1期治療(顎顔面矯正、床矯正、予防矯正とも呼びます)はあごが成長する小児期だからこそできる治療です。年齢によって、そのときにしかできない治療があります。少しでも気になる点があったら、お気軽にご相談ください。

当院は予防がメインの歯科医院です。小児矯正はお子さんの様々な不調に対する一番の「予防歯科」だと考えています。 見た目の問題だけではない歯並びについて一緒に考えてみましょう。

お子さんのこんな不調ありませんか

  • 歯並びの悪さが気になる
  • ぼーっと気を抜いたときに口が開いていることが多い
  • 姿勢が悪く、猫背
  • いつもじっとしていられず、落ち着かない
  • 鼻の通りが悪く、口で呼吸している
  • 風邪をひきがち
  • 扁桃腺が腫れている
  • いびきをかく
  • 朝、なかなか起きられない

こうした不調は、骨格のバランスが乱れていること、それに伴う鼻呼吸が原因の可能性があります。 当院は、可能な限り歯を抜かずに、あごの大きさを正常なサイズに矯正し、様々な不調を改善・予防する1期治療を行っています。

>>1期治療について詳しくはこちら

お子さんはすきっ歯になっていますか?

すきっ歯

子どもの歯は、歯の間に隙間がある「すきっ歯」の状態が理想といえます。永久歯に生え変わったときにちょうどよくなるように充分なスペースがある状態だからです。 お子さんの歯の隙間を確認してみてください。 現時点でスペースが足りていないならば、97%の子に歯並びの問題が起きてしまいます。

歯の隙間が足りないケースでも、1期治療であごの発育を促すことで将来の歯のトラブルを防ぐことができます。お気軽にご相談くださいね。

矯正治療が必要な不正咬合

小児矯正の大きな目的は、永久歯が生え揃ったときに、正しい位置で噛み合う歯並びに誘導することです。きれいに揃って見えても、すべての歯が正常に噛み合っていなければ、本来の機能を果たすことはできません。治療が必要な不正咬合には、出っ歯や受け口、乱杭歯、オープンバイト(上下の前歯が噛み合わない状態)などが挙げられます。

治療の時期と治療内容について

1期治療(顎顔面矯正、床矯正、予防矯正とも呼びます)

1期治療では、永久歯が生え揃ったときに正しい場所に位置するよう、顎の成長の促進や抑制、バランスを整えるための治療を行います。 取り外し式の装置を使用することで、子どもへの負担も少ないと言われています。

開始の時期は、乳歯から永久歯に生えかわる混合歯列期に行われ、6歳から9歳頃に行われるのが一般的です。

1期治療(顎顔面矯正)のメリット・デメリット

1期治療を開始する時期は、成長期であるため骨格をコントロールしやすく、永久歯を抜く必要性が低くなるなど、多くのメリットがあります。それは、次のステップである2期治療がスムーズに進むどころか、治療自体が必要なくなるケースもあります。 さらに早期の治療開始は、顎の発育や歯並びに悪影響を及ぼす舌の癖を修正しやすいというメリットもあります。

しかし、1期から2期治療まで必要な場合は、治療期間が長くなることもあります。 取り外し式の矯正装置は、負担が少ない一方で、装着時間を守らなければ結果が出にくいこともあります。さらに、矯正治療中は虫歯のリスクも高くなるため、自己管理が重要です。

>>1期治療について詳しくはこちら

2期治療(本格矯正)

すべての歯が永久歯に生え揃ってから開始するのが、2期治療です。ここでは、矯正装置により歯を動かす本格的な治療で、噛み合わせや歯並びを治すことを目的にしています。

実際の矯正治療の流れ

1 無料カウンセリング

まずはお話を伺い、どのようなことに悩まれているのか、どのようなご要望があるのかをしっかりと確認します。 そのうえで治療の方向性に関するアドバイスなどをさせていただきます。

2 精密検査

歯の嚙み合わせ、骨格などの状態を細かく検査します。 検査内容としては、口腔内写真の撮影、レントゲン検査、嚙み合わせの確認等を行います。

3 診断所見

カウンセリングや検査の結果を踏まえて、治療計画を立てていきます。具体的な治療期間や治療方法などについて、わかりやすくご説明します。

4 矯正治療開始

治療についてご納得いただいたうえで、実際の治療を開始します。

5 装置のチェック

定期的に装置が正しく装着されているか確認します。

最後に

小児矯正まとめ

こどもの矯正は一生の健康にかかわる大切な治療です。 とはいえ、開始時期や治療方法などいろいろと迷われることも多いと思います。まずはご相談だけでも構いませんのでお話聞かせてくださいね。

 
半円
集中線

予防歯科治療で
症状の再発しない
健康なお口を目指しましょう

お気軽にご予約・お問い合わせください。

047-321-4553

24時間WEB予約はこちら
ページトップへ