私たちの予防歯科について

豊かに生きるために予防をはじめませんか

予防歯科

当院は予防についてはちょっとおせっかいな歯医者さんです。カウンセリングの時間を長くとったり、パワーポイントで資料をつくったり、ビジュアルマックスという説明に便利なソフトを導入したりして、予防の大切さを伝えることに本気で取り組んでいます。

なぜそこまでするのかというと、毎日の歯科治療を行う中で「治療」の限界を日々痛感するからです。

歯が痛いと虫歯が進行してから来院された場合、どうしても歯を削らざるをえません。その繰り返しで大切な歯を失い、入れ歯の違和感で食事の楽しさをも失い、落胆する患者様を多くみてきました。そんな患者様を一人でも少なくしたい。

だからこそ歯科医院を「痛くなってから治療するための場所」から「予防するための拠点」に変えていかなければならないと考えています。

健康の要である食事をするために欠かせないお口を守ることは、たった一度の人生を健康に生き抜く第一歩。今こそ、一緒に豊かに生きるための予防歯科をはじめませんか。

スウェーデンで実証された予防歯科

実際に虫歯や歯周病は、定期的なメンテナンスで予防することが可能です。 予防歯科の先進国として知られるスウェーデンでは、国をあげて虫歯や歯周病の予防に取り組んでいます。長年の研究から、メンテナンスを定期的に受けているか否かで、虫歯や歯周病の発生率に大きな差が生じると実証されています。

その昔、スウェーデンでも予防意識の低かった時代がありました。日本と同じように、症状が出たら治す、そして再発を繰り返す負のスパイラルに陥った結果、歯を失うと言う最悪のケースを招いていました。そこで、予防歯科の受診を義務づけることで虫歯や歯周病の発生率を下げることにつながったと言われています。

実際の予防歯科への取り組み

お口の中を精密に検査します

予防歯科への取り組み

予防歯科はお口の現状を詳しく把握することから始まります。 各種精密検査、口腔内写真撮影をすることで、お口がどのような状態なのか、どのような治療が必要なのかを判断します。

また、カウンセリングでは患者さまの生活習慣、ご要望をお伺いします。

医師、歯科衛生士、患者さま全員で治療計画を作成します。

基本検査の結果をもとに、医師と歯科衛生士で患者様の状況に応じた最適な予防プログラムを立てます。 とはいえ、予防歯科の主役は患者さまです。無理なく予防を続けていけるよう、患者さまの声を柔軟に取り入れていきます。

当院はトリートメントコーディネーターがおりますので、治療中に聞けなかったことや些細なことでも気になる点はいつでもご質問いただける体制が整っています。

徹底的なプラークコントロール

正しい歯磨きの仕方を丁寧にお伝えします

虫歯、歯周病を防ぐために一番重要なことは患者さまによる「歯磨き」です。

「歯を磨いているのに虫歯や歯周病になる」と言う声を聞くこともありますが、歯磨きを正しく行うことは思っているよりも難しいことです。そのため、当院ではお口の状態から歯磨きがどの程度できているかを確認したうえで、正しい歯磨き指導をアドバイスさせていただきます。

歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシのような補助的清掃用具の使い方、個々の歯並びに適した磨き方など、自宅でも無理なく続けられるような方法をお伝えします。

定期的なPMTCの実施します

PMTCでは、歯科衛生士が専用の機器を用いて徹底的に虫歯や歯周病を引き起こす細菌を除去します。 歯磨きではどうしても取り切れない細菌を取り除くことで、虫歯や歯周病になる確率を飛躍的に下げることができます。

わかりやすく歯科情報を伝えることにこだわります

大切な歯を守るためには、自分自身のお口の状態、歯科全般に関する正しい情報を知ることも重要です。そこで当院ではわかりやすく伝える工夫を続けてきました。

パワーポイントの資料を作成

詰め物一つとっても、どんな素材の詰め物にするかで虫歯の再発率が変わることをご存知でしょうか。 正しい歯科知識を知っておくことも予防歯科の一環です。だからこそ、このような写真付きのパワーポイントの資料を自分たちでつくり、少しでもわかりやすい説明をするようにしています。

ビジュアルマックスの導入

ビジュアルマックスは画像に直接手で書き込むことができるので、よりわかりやすくお口の状態を伝えることができます。さらに患者さまの口腔内のデータをわかりやすくまとめた文書を作成し、ご提供することも可能です。

お子さまの予防歯科

お子様の予防歯科

お子さまの予防歯科は年齢に合わせて、少しずつできることを増やしていきます。 歯科医院に通う習慣を身に着けることは自分の歯を守るかけがえのない財産になります。

2才~5才のころに

まずは、診療室に入れること、大きなイスに座れること、お口を開けて見せてくれることができるようにします。 最初のころはお母さん、お父さんと一緒に座って、歯ブラシの練習をしたり、フッ素を塗ったりします。

慣れてくれば、お口のお写真を撮影したり、機材を使ったクリーニングをしたりとゆっくり進めています。 歯医者さんとの最初の出会いは、その子の生涯の健康を守るための大切な入り口です。

ここでの焦りは禁物。お子さまのペースに合わせて、歯科医院に慣れていくことがとても大切です。 当院では治療を頑張ったお子さんにはガチャガチャを引くことができます。歯医者さんは怖いところでなく、楽しいところ、そんな風に思ってもらえることが、お子さんの歯を生涯守ることになる。そんな風に考えているからです。

6才~12才のころに

当院では、診療室に入り、予防を受け、診療室を出るまで1人でできることを目標にしています。また、自分で自分の歯をきれいにできるように、歯磨きの練習も行います。

12才~18才のころに

大きくなったら自分で歯医者さんの予約をとり、自分で予防歯科を選んで受けることができる生活習慣を身につけてほしい。そのためには、小さなころから歯医者さんに通うのが当たり前であることが大切です。 これまで、歯医者さんは歯が痛いなどの問題が起こって、しぶしぶ向かうところでした。

しかし、予防歯科で通う歯医者さんは痛い治療はありませんし、決して怖いところではありません。 床屋さんや美容院はあまり前に数か月に一度通いますが、定期的なケアが必要なのは髪の毛だけではありません。歯も定期的にケア、チェックをしないとだめになってしまうのは一緒です。ぜひ美容院に通うのと同じ感覚を若いうちから身につけていただければと思っています。

最後に

予防歯科まとめ

一生、自分の歯で食事ができることは、この上ない喜びです。これは普通に生活していると気づかないことですが、皆様歯を失って初めてわかることです。しかし、そうなってからではできる治療が限られてきます。

少しでも気になる方はお気軽に予防治療の一歩を踏み出してください。20年後にあのとき始めてよかったと思える日が来るのではないかと思います。

 
半円
集中線

予防歯科治療で
症状の再発しない
健康なお口を目指しましょう

お気軽にご予約・お問い合わせください。

047-321-4553

24時間WEB予約はこちら
ページトップへ